スポンサーサイト

  • 2009.04.14 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


就職時の面接試験について

世の中には様々な業種があり、様々な仕事がありますが、
ほとんどの採用試験には面接があります。

どの業種での就職活動をするか、どの企業に応募するかで、採用テストの中身は変わります。

例えば、学校の先生や医者、弁護士や理髪師などの仕事は、資格を有していなければならない専門的な仕事に分類されます。

弁護士試験や医師免許試験などは、それぞれの試験を通過しない限りその職には就けないのです。

資格試験は直接採用につながる試験ではありませんが、就職のためには必要な試験といえます。

資格試験は専門知識を問うための共通の試験ですが、各企業が個別に行っている採用試験では、何を求められるかはそれぞれ違います。

とはいえいずれの場合でも、採用に際しては面接を行い、応募者と企業側が直接言葉を交わす機会が確保されるようです。

 高校や大学などの入学試験でも面接が科せられる学校もあります。

 試験で面接を含むものは就職活動以外でも、いくつかあるようです。

 受験をする上での面接試験はそれほど時間がかかりません。

ですが、就職採用試験での面接は、受験の面接よりも時間をかけて 踏み込んだところまでのやり取りをすることもあります。

面接というわずかな時間だけで、会社側は共に働く人材として有用がどうか、履歴書にない部分をチェックするという目的があります。

採用試験での面接がそこそこの時間がかかるのは、このような理由からというわけです。

自己表現には自分史を作って自己分析

 面接試験は、採用試験を行っている会社はほとんど行っており、その骨子は大体同じといえるでしょう。自己PRを通して就職希望を行うことを要求されることもあります。

面接試験では自分自身をうまくアピールすることが、就職成功につながります。

自己PRをするためには、自分についてよく知ることです。

自分史などを作ると自己分析がしやすくなるでしょう。

自分史を作るには、昔から興味関心を傾けていたことをまとめてみてもいいでしょう。

クラブ活動や出会ってきた人たち、どんな夢をもって生きてきたのかなどを、年代別の一覧表のようにしてみると自己分析がしやすいかもしれません。

自分自身を深く知るために、自分史の中に登場する過去の自分はどんなことを好み、何を目標としていたかを思い出しながら書いてみましょう。

今までの自分が行ってきたことを思い出すことで、自覚がなかった自分の長所や短所、何に適正があるのかといったことが把握できるかもしれません。

なぜこの会社の面接を受けているのか、自分の能力はこの会社にどのように活かせるのかがわかれば、就職の面接の場において、自己表現の場を得ることができるでしょう。

面接に際して、会社側は通り一遍のコメントを待っているわけではありません。

他の人にない自分というものを自己PRで表明するため、就職時の面接試験では気をつけつつも大胆に臨みましょう。

面接のポイント

就職採用試験の面接のコツとはどのようなものでしょう。

人によっては、就職活動での面接をうまくこなせるということは、面接の場で試験管の質問にうまく答えることと考えているかもしれません。
       
けれど、採用する会社側は面接試験という機会を通じてどんな人かを知ろうとしているのであり       いわばあらゆる様子を見ていると思うべきです。

高学歴であれば、有名大学を卒業していれば、それだけで無条件に合格を出す企業は、まずないでしょう。
       
就職試験での面接は、誰もがかなりの準備をして臨んでいます。

しかし、それは、あくまで面接試験でのやりとりだけに集中したものではありませんか。

面接会場で大きな失敗をしないようにするには、模擬面接やシミュレーションを通して面接の心構えを組み立てておくことです。

面接官とのやり取りだけが面接の全てではなく、会場に着いてから去るまでが全て面接と考えましょう。服装はもちろんのこと、時間厳守で会場に赴きましょう。親と一緒にだらしのない格好で着くという場合は問題外です。

会社によっては、面接会場の周りを確認して到着前の求職者の様子を見ていることもありますので、
身だしなみは着いてからでいいという考えはいいものではありません。

面接は就職試験の山場ですので、その大事な時に相手の印象を損ねるような行動はNGです。
 
会社サイドはどんな人物なのかじっくり見定めようとしているのです。

会場に入る前から面接試験が始まっていると考えて行動することが大切なポイントです。

自分の能力を見極めて職を選ぶ

就職試験は筆記と面接とがあり、会社に採用されるために必要なものです。

就職試験を受けて採用通知をもらうことで、就職先を見つけ雇用の場を得ることができます。

自己の能力を生かせる職場、就きたい職業をはっきりさせた上で、該当する職業の求人を出している企業を探しましょう。では、就職活動で心がける点は何でしょう。

求人要項の中から自分の就職したい会社を探し出し、求人募集に応募してその会社に自分自身を売り込み、採用してもらい就職することが就職活動の流れです。

会社側は、求人募集に対して応募してきた人材が採用に値するかどうかを、採用試験を通じて見極めます。

社内でうまくやっていけそうか、仕事を任せられるか等を試験で判断するのです。

 職探しから新たな働き先を見つけるまでの動きを就職活動といい、目的は就職先を決めることです。

 新しい働き口を探す時は、可能ならば自分の能力を生かした、できるだけ希望に沿う仕事をしたいと思うでしょう。

自分はどんな能力や長所を持っているか、どんな事がやりたいのかを理解することが就職活動には必要です。

就職試験や面接をやり遂げるためには、仕事というものについての情報を集め、それについての自分の希望や考えを固めて将来ビジョンを持つことです。

自分について見つめ直すことで、どんな会社に就職したいのか、自分には何ができるのかを知りましょう。

面接で自己アピールをする時や満足のいく就職活動をする上で、それらが大事な役割を果たします。

専門職求人への就職

 特定のジャンルのエキスパートになるべく、専門職の門を叩きたいなら、専門職の求人を捜すべきです。

インターネットで求人を扱っているホームページでは、専門職対象のページがあります。

一般的な求人情報や求人サイトでは、専門職の情報を捜すのもなかなか大変のようです。

専門職への求人は数が少なく、募集タイミングの問題もあります。

希望する専門職への求人情報を見つけるには、インターネットを利用して専門職の求人を集中的に探す必要があるでしょう。

募集職種は専門職でも、未経験者OKで求人を行う会社もあるようです。

専門職に就いたことがないからと探すこと自体を諦めていては、機会を逃してしまいます。

ハローワークで専門職の求人を調べるという方法もあります。

タイミングが合えば、希望にマッチした求人情報に巡り会えるでしょう。ハローワークでは求人情報以外の就職活動全般に関わる知識を教えてくれるセミナー等も開かれています。

履歴書や職務経歴書の書き方、専門職の求人に応じる時のコツなどを知ることができるでしょう。

求人関係のイベントや就職セミナーには、特定の専門職などを対象として開催されるというものもあるようです。

満足のいく就職先を見つけるためにも、確実に機会を捉えてください。

専門職というのは、同じ職種であっても企業によって業務内容に差が出る場合があります。実際にはどんな仕事になるのか、就職前に確認しておきたいところです。

障害者の求人と就職情報

障害を持っていても自立したい方は大勢いますが、障害者を対象とした求人の有無は会社によって差があります。

ですが、どのような求人情報があるのか、障害者の場合は情報収集ひとつとっても大変です。

障害者を対象としての就職支援は、近年では様々な形で行われています。

広くネット環境が整ったことから、障害者を対象とした求人情報を主に集めて掲載しているというサイトも増加する傾向にあります。

求人情報を探す時は、インターネットを利用しましょう。インターネットでは検索システムが充実していますので、調べたい単語を入力すると、知りたい情報がピックアップできます。

障害者の求人に対する情報量も豊富です。例えば、求人雑誌や折込チラシではほとんど目にすることの出来ない就職情報を得ることが可能です。

その点、インターネットは情報を選択することで、求める情報を手早く見つけることが可能です。

障害者の求職活動はハローワークを使うという手段もあります。

ハローワークでは、障害者枠の求人情報も扱っていることがあります。

多方面に情報収集をすることによって、新たな求人情報を発見することもあります。

就職支援を行っている人のサポートを受けるなどで気持ちを前向きに持ち、じっくり取り組むつもりでいい仕事先を探したいものです。

求人情報を利用した就職活動

納得のいく就職先を見つけたいなら、就職活動にはコツがあります。

初めての就職活動で何をしていいか茫漠としすぎているという方は、求人情報の見方から決めていきましょう。

まずは仕事にどのようなことを求めるのか、希望する項目を紙に書き出してみるといいでしょう。

月々の収入を最優先するのであれば、休日や待遇は少しは我慢しなければならないかもしれません。

職種を限定したり、これまでの仕事と同じ仕事をしたいというなら、収入には多少目をつぶる必要があるかもしれません。

現在よりもよりよい状況を獲得するために、就職活動は1つのステップであることを踏まえて目指す就職先を見つけ出しましょう。

まだ自分のしたいことがはっきりしていないなら、何をしている時が充実しているか、やりがいを感じるかなどを書いてみるといいでしょう。

自分自身を知るためにも、仕事との関わりがなさそうなことでも思いつく限り書いていくと新たな発見もあります。

どんな職業に就職したいかをはっきりさせることによって、膨大な量の求人情報からちょうどいい就職先を効率よく探し出すことが可能になります。

あふれかえる求人情報をどうまとめていくかが、就職活動中はポイントです。

ですが、片端から情報を集めるだけでは、欲しい情報にたどり着けるとは限りません。

手当たり次第に探すのではなく、求める職種の情報が掲載されていそうな情報誌やサイトを絞ることが重要といえます。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM